…「新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編」とは?

■経済産業省(国)は、日本の中小企業に大きな変化を促したいようです。

大きな変化とは、「新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編」などを挙げています。これらを目指す企業体に対して、総額1兆1,485億円、通常枠100万円~6,000万円、補助率2/3の補助金を予算化しました。また、認定支援機関(や金融機関)と共同で事業計画を策定し、両者が一体となって取り組むことを条件としています。
この補助金だけではなく、日本政策金融公庫や保証協会を後ろ盾にした有事の資金供給も併せて、大きな変化「新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編」を遂げて欲しいとの国の願いです。

■経済産業省に言われるまでもなく、

中小企業の経営課題は「新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編」などであって、目先の売上アップなどの対症療法ではありません。コロナ禍をきっかけに、より大きな変化を目指すことを経営課題に取り組む好機です。

「新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編」とは何か?

様々なテーマが候補に挙がりますが、それらを以下に列記しました。
容易ではありませんが、経営課題として考えてみてください。

事業立地変更への挑戦

候補
1

現業界の壁を破ることへの挑戦

候補
2

脱・規模至上主義への挑戦

  1. 絞り込みへの挑戦
  2. 持たざる経営への挑戦

候補
3

生きる世界の変更への挑戦

  1. 顧客属性変更への挑戦
  2. 商品・サービス高付加価値化への挑戦

候補
4

新・ビジネスモデルへの挑戦

  1. サブスク1.0⇒2.0への挑戦
  2. D2C(C2M)への挑戦
  3. ソリューション提供への挑戦
  4. プロダクト化への挑戦
  5. プラットフォーマーへの挑戦
  6. デジタルシフトへの挑戦
  7. ニューミドルマンへの挑戦
  8. コンテンツビジネスへの挑戦
  9. 同業者支援・FCの本部化への挑戦
  10. その他

候補
5

イグジット&承継の実施

候補
6

その他

候補
7

過去数十年間以上、少なくない中小零細事業者は、目先の売上アップなどの対症療法を唯一の経営活性化策と捉えて経営のかじ取りを行ってきました。結果として、斜陽化したレッドオーシャン市場で、オワコン化したビジネスモデルで、低い生産性・収入で、長時間働かざるを得ない状況に陥っています。
コロナ禍からの脱却を大儀に供給される補助金や融資制度を、真の事業再構築に活用することが求められます。